株主優待銘柄 9602_東宝の優待、業績、配当について

東宝は映画の製作、配給、興行、演劇、不動産経営を行っています。興行収入は断トツ。

株主優待は以前、映画鑑賞の割引券又は招待券でした。優待カードを見せてチケットを

購入していました。現在は割引券、優待カードもなくなり、招待券のみとなり、

購入手続きも簡単になりました。

基本情報

銘柄:東宝(9602)

株価:5,360(21/11/26)

予想PER:36.5

実績PBR:2.49

予想配当利回り:0.65%

株主優待情報

権利確定月:2月末、8月末

優待内容

100株以上保有すると、映画招待券が贈呈されます。

保有枚数により、招待券は増額されます。

映画株主招待券の2次元コードを自販機にかざして、映画のチケットを購入できます。

100株保有時の優待利回りは、0.71%

映画鑑賞を1,900円として計算。

業績

東宝は22年2月期2Qを発表と同時に通期見通しを上方修正しました。

2Q実績は営業利益+202.4%、経常利益+188.1%、純利益+297.3%と

大幅増益となりました。コロナ禍で悪化した業績の反動となっていますが、

コロナ前の水準にまだ届いていない状況です。

出展:東宝 2022年2月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 1P 一部抜粋

配当

直近の配当、今期の予想配当は以下のとおりです。

19年2月期:45円(配当性向26.8%)

20年2月期:55円(配当性向27.0%)

21年2月期:35円(配当性向42.4%)

22年2月期:35円(配当性向23.8%) ※予想

配当方針は明確な記載は見られませんでした。

(見落としあるかもしれないです)

直近の実績、予想からすると、配当性向の2~3割程度と思います。

22年2月期の予想配当利回り0.65%。

まとめ

100株保有時の優待利回りは0.71%。

総合利回りは1.36%となります。

ちょっと低いので、インガムゲインよりキャピタルゲインを期待する銘柄です。

PER、PBRは割安ではないですが、興行収入ダントツで、コンテンツに強みがあります。

直近の自己資本比率は78.2%と財務安定しています。

ただし、年間売上以上に利益剰余金を保有していることを考えると、

株主還元をもっと積極的にしてほしいと思う株主は多そうです。

※このブログは特定銘柄を推奨するものではありません。

株式投資はリスクがあるため、投資判断は自己責任でよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました