株主優待銘柄 9414_日本BS放送 優待情報、業績、配当について

今回はビックカメラGでもある日本BSについて、書いていきます。

この会社はBS11を運営するBS放送局で関係会社に出版社もあります。

基本情報

銘柄:日本BS放送(9414)

株価:1,116(21/11/19)

予想PER:15.9

実績PBR:0.98

予想配当利回り:1.79%

株主優待情報

権利確定月:2月末、8月末

内容

100株以上:ビックカメラグループで使用可能な買物券。

1年以上継続保有すると8月に追加分が贈呈されます。

グループのビックカメラやコジマの優待券は有効期限がありますが、

日本BSの優待券は有効期限はありません。

ただし、ネットショップでは使用できないデメリットはあります。

※100保有時の優待利回りは1.79%(1年未満)

※100保有時の優待利回りは 2.69%(1年以上)

業績

21年8月期は営業利益+21.9%、経常利益+24.9%、純利益+25.2%と好調な決算となりました。

一方で22年8月期は3割を超える大幅減益予想をしており、コンテンツ強化によるコスト増を

見込んでいるためとしています。

※出展:2021年8月期 (決算補足説明資料) 抜粋

配当

配当方針は以下の発表をしています。

「BSデジタル放送事業者という高い公共性に鑑み 永続的且つ健全な経営の維持に努めるとともに、

財務体質の強化と内部留保の充実を考慮しつつ、将来の事業展開等を総合的に勘案した上で、

長期にわたり安定した利益配当を継続的に実施する方針」としています。

また、直近の配当、今期の予想配当は

20年8月期:20円(配当性向24%)

21年8月期:20円(配当性向19%)

22年8月期:20円(配当性向28%) ※予想

現在の配当状況から配当性向よりも20円の安定配当を目指す政策となっています。

また、22年8月期の予想配当利回りは1.79%

まとめ

100株持っているとビックカメラGで使用できる買物券がいただけます。

また、買物券は割引券でないため、使いやすいです。

予想PER、実績PBRは割安とも割高ともいえない水準です。

100株保有時の総合利回りは

1年未満:3.58%

1年以上:4.48%

長期保有すると、総合利回りも4%を超えてきます。

懸念点として、22年8月期業績が大幅減益見通しとなっていることが気になります。

※このブログは特定銘柄を推奨するものではありません。

株式投資はリスクがあるため、投資判断は自己責任でよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました